はじめに


受験勉強を乗り切るのは何のため?



受験勉強を頑張れるのは、大学で何を学びたいかを考えて選んだ最も合格を果たしたい大学である第1志望校に合格する!という目標があるからでしょう。
そして、その第1志望校の他に受験する大学が、併願校と呼ばれる第2志望以降の大学大学・学部であり、どこを併願するかを考えるのが併願作戦です。

受験勉強の目標が志望校合格であるとすれば、併願作戦の目標はその合格率を高めるような併願校選びが大切になります。

併願作戦にも上手と下手があります。



できるだけ希望に沿ったところに合格率が高いのが、上手な併願作戦です。
ここでは、主要となる4N(入試科目・入試日程・難易度・入試情報)をもとに、上手な併願作戦の立て方を考えてみましょう。

併願は上手に!



視点は合ってますか?

併願校を選ぶ視点。


併願校選びも、基本は自分が行きたい大学であることに変わりない。


併願校選定の基本をおろそかにし、テクニックに走りすぎて合格率だけを考えた併願校決めは、万が一第1志望校に不合格になってしまえば、「行きたい!」と思ってもいない大学に入学するハメになります。
それは、入学後に後悔することになりかねません。

併願校選びもあくまで第1志望校を決める時と同じ。
自分が「本当に行きたい!」と思う大学・学部であることが大前提です。

この条件は絶対に忘れないでください!



併願作戦の勝因敗因ランキング


準備と段取り力が勝敗を分ける大学受験!


やった~!

併願作戦勝因ベスト5

1位 併願校の入試科目をそろえた 31%
2位 入試日程に無理がないようにした 20%
3位 併願校に難易度の幅をもたせた 13%
4位 短期集中型で一気に入試を終えた 8%
5位 入試情報をたくさん集めた 6%


GOOD POINT!!
入試教科をそろえずたくさんの教科に分散してしまうと勉強量も増え時間もかかり大変!
入試教科をそろえることで必要な勉強量の絞り込みができ、そこに集中して時間をかけられたのが勝因のようだ!



併願作戦敗因ワースト5

1位 入試日程に無理があった 31%
2位 自分が本当に行きたい大学を選ばなかった 16%
3位 同じレベルの大学ばかりに偏って受験した 15%
4位 入試科目を揃えなかった 11%
5位 受験校が少なくプレッシャーがあった 7%


ちゃんと調べておけばよかった…。

BAD POINT!!
入試日程を連日・近日に詰め込みすぎるのは、疲れてしまい最大限の力を発揮できない可能性が大きい!
「行きたい大学」より「受かりそうな大学」に走ってしまうと、入学後後悔したり大事な4年間を無駄にする可能性も…。




押さえておこう!4Nの法則

つまり、これを押さえて併願校を決めれば合格率がグンと上がる!

4Nの法則

1つ目のN【入試科目】

科目の統一だけでなく配点比率にも注意!得意科目を活用!



私立大の場合

    文系    地歴・公民
もしくは
(地歴・公民との選択)
    理系    地歴・公民

このように科目の統一は、さほど問題にならない。
配点の比重をよく見て併願作戦を立てよう。

国公立大の場合

    文系    英語の配点を高くする例が多い。
    理系    数学の配点を高くする例が多い。

英語が得意なら、英語の配点の配点が高い大学・学部を併願する方が合格率が上がる。
逆にあまり得意でなければ、配点の比重が均等な大学・学部や得意教科の配点比重が高いところを選ぶと良い。
国語では漢文を課さない大学が増えています。
科目配点だけでなく、出題範囲まで統一すれば、それだけ絞り込んだ学習ができ、効率的です!

2つ目のN【入試日程】

実力を発揮できるスケジュールを作ろう!


スケジュールを立てるのも大事な行程!

私立大の場合、試験日が重ならなければ何校でも受験できます。
しかし、試験日が重ならないからといって、何日も連続で受験すれば気持ちや体が疲れてしまいます。
連続受験の目安は2,3日。あとは体力や緊張感の維持などを考慮して、短期集中型かインターバル型か、自分のタイプを見極めて決めましょう。
国私併願では、私立大入試から国立大入試の2次までが間隔があきすぎる場合があります。
特に、私立大試験日の早い関西や東北地区ではその可能性が大きくなります。
緊張感が解けてしまわないよう、注意を払うことが必要です。

また、「受験したいのに試験日が重なっているから無理…」そんな時は、もう一度入試ガイドをもう一度確認してみましょう!
最近は、複数回入試や試験日自由選択制を導入したり、地方試験を採用したりする大学・学部が増えています。
これらも上手に利用すれば、受験の幅がグンと広がります。

3つ目のN【難易度】

自分の実力を中心にチャレンジ校と合格確保校を選定しよう!

同じ難易度の大学ばかりを受ける場合、合格確率が低くなってしまう傾向があります。

チャレンジ校自分の実力では難しいけど是非トライしてみたい大学・学部。
実力相応校自分の実力に相応しい大学・学部。目安としては模試判定で60%以上

4つ目のN【入試情報】

可能性の高い大学に出願しよう

毎年入試科目の増える大学・学部がいくつかありますが、このような大学では科目が減った場合とは逆に受験生に敬遠され、易化する可能性があると予測されます。

その他、1年おきに倍率が高くなったり低くなったりする隔年現象や、入試日程の変更も難易変動を起こす要因となります。

情報に振り回されず、併願校の絞り込みにはこういった情報を上手に活用しましょう。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

この度は、大学入試メソッドのHPを最後までご覧いただき、ありがとうございました。

大学入試メソッドについて、もっと詳しく知りたいことやご確認したいことがございましたら、どんなことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせください。
弊社担当より折り返し連絡をさせていただきます。
また、体験学習や無料面談にご興味をお持ちの方は是非、お電話、または下記フォームよりご連絡くださいませ。

スタッフ一同、あなたとのご縁を楽しみに致しております。

コールセンター

0120-109-264
(受付時間:13:00~20:00/土日祝日も受付可能です。)

メールフォーム

【PCメール・フリーメール・携帯メール】※ここで入力して頂いたメールアドレスに返信致します。入力間違いのない様にお願いいたします。
例)0120109264 ハイフン(-)を入れずにご記入ください。
複数選択も可能です。
面談予約希望の方は予約したい候補の日時を3つ以上ご記入ください。

個人情報保護方針

1.個人情報保護に関する規定
株式会社 徳育社は、個人情報保護方針に基づきお客様のプライバシーや個人情報の保護を重要な課題と考え、ネットワーク社会における責務を果たしてまいります。

2.個人情報の定義について
本ポリシーにいう個人情報とは、お申し込みの際にご提示いただくお客様の氏名、年齢、メールアドレス等で、このうち1つまたは複数の組み合わせにより、お客様個人を特定することのできる情報を意味します。

3.個人情報の利用について
株式会社 徳育社では、事業活動の過程で一部コンテンツについて、ユーザー名やメールアドレスをご登録いただく場合があります。これらの情報は、取扱いに関する法令、公的な規範を遵守し、サービスご利用時に、ご利用者の確認、照会のために使われます。また、収集した個人情報は厳重に管理し、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えいを防ぐための合理的な安全策を講じます。

4.個人情報の第三者への非開示
一部のコンテンツで登録いただいた情報は、株式会社 徳育社での、より魅力的で価値のあるサービスの開発・提供の為に利用されます。その際、ユーザー本人の許可なく、第三者に特定できる個人情報を開示いたしません。収集した個人情報を管理する体制や仕組みについては定期的に見直し、向上に取り組みます。ただし、次の場合には第三者への開示をすることがあります。
・お客様の同意がある場合
・法令に基づく場合
・公衆衛生の向上、または児童の健全な育成促進のために特に必要がある場合であって、本人の同意が得ることが困難であるとき
・国の機関もしくは地方公共団体、又はその委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対して、協力する必要がある場合であって、本人の同意を得る事より当該事務の遂行に支障をきたす恐れがあるとき

5.「情報の収集・保有・提供」に関する同意事項
第A条(個人情報の収集・利用・預託)
(1)申込者(以下「私」という)は株式会社 徳育社の役務提供契約(本申込を含む「本契約」という)に係る株式会社 徳育社(以下「トクイクシャ」という)の本契約履行および管理のため、以下の情報(以下これらを総称して「個人情報」という)を株式会社 徳育社が保護措置を講じた上で以下の各条項(「本契約」という)により収集・利用することに同意します。
①私の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、受講生の氏名、在学校名、学年などの属性情報
②本申込に関する申込日、指導費用、申込コースなどの申込情報
(2)私は株式会社 徳育社が事務(郵便物発送業務、およびこれに付随する事務等)を第三者に業務委託する場合に株式会社 徳育社が個人情報の保護措置を講じた上で(1)により収集した個人情報を当該業務委託先に預託することに同意します。
(3)私は本申し込みに係るすべての事務処理、精算および本申込の履行のため、株式会社 徳育社と担当スタッフが個人情報を利用することに同意します。

第B条(個人情報の本契約に係る業務以外の利用・提供等の同意)
(1)私は、株式会社 徳育社が下記の目的のために第A条(1)①②の個人情報を利用することに同意します。
①宣伝物・印刷物の送付、営業案内のために利用する場合
②販売活動、マーケティング活動のために利用する場合
(2)私は、「大学入試メソッド」の業務提供会社(以下「関連会社」という)が前項①②の目的のために第A条(1)①②の個人情報(本契約書の会社控えに記載されている情報)を利用することに同意します。
(3)私は、(株)徳育社と業務提携会社が本申込に関する事務処理に必要な情報を相互に提供し、提供を受けることに同意します。

第C条(個人情報の開示・訂正・削除)
(1)私は株式会社 徳育社に対して、自己に関する個人情報を開示するように請求することができます。株式会社 徳育社に開示を求める場合には、第F条記載の窓口に連絡して下さい。

第D条(本規約の不同意の場合)
株式会社 徳育社は、私が本申込の必要な記載事項(本契約書書面で私が記載すべき事項)の記載を希望しない場合および本規約の内容の全部または一部を承認できない場合、本申込をお断りすることがあります。但し本規約第B条(1)(2)に同意しない場合でも、これを理由に株式会社 徳育社が本申込をお断りすることはありません。

第E条(利用・提供中止の申出)
本規約第B条(1)(2)による同意を得た範囲内で株式会社 徳育社が当該情報を利用、提供している場合であっても、中止の申し出があった場合は、それ以降の株式会社 徳育社での利用、他者への提供を中止する措置を取ります。

第F条(お問い合わせ窓口)
個人情報の開示・訂正・削除、私の個人情報に関するお問い合わせ先は、下記の通りです。

所在地
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目23-12
株式会社 徳育社
TEL:0120-109-264
受付:13:00~20:00(お盆・年末年始を除く)

携帯メールアドレスでご登録の場合、メールの設定によりこちらからの返信メールが届かないことが御座います。
「迷惑メール設定」の「指定受信」に『info@tokuiku.co.jp』をご登録の上、確認ボタンを押していただくとスムーズです。
※希望されていないメルマガなどが、勝手に届くことはございませんのでご安心ください。※